虫さされ 赤み

かゆみがない虫刺されの赤みはダニが原因かも!

 

気が付くと虫刺されのような痕や、
赤みがしっかりと残っているのに、なぜかカユミはまったくない。
もしかするとダニが原因の可能性があります。

 

 

ダニに刺された場合カユミは数時間後に来る

ダニの中でも室内に入り込みやすいツメダニに刺されてしまうと、
虫刺されのような痕が残るのですが、
痒みは数時間〜2日後など時間を置いてやってきます。

 

 

つまり虫には刺されているのにかゆみがないという状態ですね。

 

 

この時の痒みは非常に強く、
最低でも1週間は続き、

 

さらにいうと刺されやすい場所は、
ヒザ、モモ、腕の内側、脇の下周辺、首周辺などの柔らかい部分で、
肌を露出していない部分を刺されることが多いのが特徴です。

 

ツメダニに刺された場合の4つの対処法

  1. 刺された箇所を水で良く洗う&冷やす
  2. ステロイド系の市販薬を塗る
  3. 皮膚科を受診する
  4. かかないようにする

 

刺された箇所を水で良く洗う&冷やす

刺されたを箇所をよく水で洗うことで、
ばい菌や他の細菌などが侵入することを防ぎます。

 

また、氷などで冷やすと腫れにくくなりますし、
皮膚感覚が鈍くなることで痒みが出てきた場合などでも抑制する効果があります。

 

 

ステロイド系の市販薬を塗る

ステロイド系の市販薬では、
ムヒアルファEX、ウナコーワエースGなどが痒みや赤みを素早く抑えてくれます。

 

肌が敏感な小さいお子さんやステロイドを使用したくない場合は、
レスタミンコーワなどがあります。

 

市販薬は病院が開いていない時や、
行ける状況にない時に活用する方が良いでしょう。

 

 

皮膚科を受診する

ダニ刺され以外の可能性もあるので、
赤みや腫れがひどくない場合でも皮膚科を言っておく方が安心です。

 

また、塗り薬を塗っているのに痒みがひどくなってきた場合や、
発熱や頭痛などその他の症状が出た場合も皮膚科を利用しましょう。

 

 

かかないようにする

かゆみのピークになるとヒドイ痒みになりますが、
掻いてしまうと皮膚が黒くなったり痕になることがあります。

 

また、掻いた部分からばい菌が入ることで治りにくくなり、
『とびひ』などの2次災害を引き起こしてうので注意が必要です。

 

ツメダニに刺されないようにするには!

 

ツメダニの駆除

  • 熱湯につける
  • 燻煙剤を使用する
  • スチームアイロン

 

熱湯につける

刺された場所にもよりますが、
布団やシーツカバー、衣類などは浴槽などでお湯に浸します。

 

ダニは50度以上の熱には耐えきれないので、
濡らしても大丈夫なものは熱湯で駆除しましょう。

 

 

燻煙剤を使用する

殺虫成分が配合してある燻煙剤も効果的です。

 

ただし、表面にいるダニは退治できますが、
布団内部にいるものや卵などは効果がないので、
燻煙剤だけに頼るのは危険かもしれません。

 

 

スチームアイロンを使う

スチームアイロンは200度前後の熱を出すことができるので、
熱湯をかけれない物に使用することができます。

 

畳などに使用する場合は、
直接当てると痛む原因になってしまうので、
当て布など敷いてからスチームアイロンを掛ける方が良いです。

 

 

ツメダニの予防

 

ツメダニは一般家庭に8割いる、
チリダニが増えることで捕食しに家庭内に忍びこんできます。

 

ですので予防するには、
チリダニを増やさない環境を整える必要があります。

 

  • 温度・湿度を調整する
  • エサを増やさないようにする
  • ダニ対策グッズを併用する

 

温度・湿度を調整する

チリダニが好む環境は温度20度〜30度、湿度60%〜80%です。

 

エアコンや除湿器、空気の入れ替えなどを定期的にして、
湿度と温度を調整していく必要があります。

 

また、チリダニが最も多い布団は、
人の体温や汗によって湿度がこもり易いので、
天日干しや布団乾燥機で湿気を飛ばすようにしましょう。

 

 

エサを増やさないようにする

チリダニは条件が揃うことで爆発的に増殖するので、
エサを取り除き増えるのを防ぐことが必要です。

 

エサとなるのはホコリ、人のフケ、アカ、髪の毛、カビなどですので、
掃除機などで吸い取るようにしましょう。

 

 

また、チリダニの死骸はアレルゲンになってしまうので、
既に症状がある人やアレルギーを避けたい人は、

 

雑巾や床用のウェットティッシュで拭くようにすると、
掃除機のようにアレルゲンが飛散するのを防ぐことができます。

 

 

ダニ対策グッズを併用する

ダニ対策グッズには忌避剤や殺虫スプレーなどがありますが、
効果を検証してあるものの方が良いでしょう、

 

ダニ捕獲シート系なら捕獲数のデータなどを検証してありますし、
置くだけでチリダニやツメダニを捕獲できるものがあるので、
色々試してみるよりもこちらの方が確実です。

 

ダニ捕獲シートのおススメ!

ダニ捕りロボの特徴

ダニ捕りロボは誘引剤でダニをおびき出すことは他のダニ捕獲マットと変わりませんが、吸湿性セラミックにより捕えたダニをミイラ化させ、また糞や死骸などアレルゲンなども閉じ込めておくことができる。

ダニ捕獲数の検証をしているところで、ダニの増殖率0%を達成しているのはこのダニ捕りマットだけです。

価格 5,039円(3枚)
評価 評価5
備考 メリット
  • チリダニ、コナダニ、ツメダニに効果がある
  • 使用することでダニの増殖率0%
  • 安全性の試験結果も有

デメリット

  • 金額が高く枚数も少ないのでコスパが悪い

 

ダニピタ君の特徴

使用した人の満足度が94%を超える人気のダニ捕りマット。人気の秘密は第三者機関による検証結果も然ることながら、実際にダニによる被害に合っている家庭で捕獲実験などを積極的に行っていることが挙げられます。

市販で購入できるダニ捕獲シートよりも価格は少し高いですが、全額返金保証など安心して使用できるサービスが特徴。

価格 5,400円(5枚)
評価 評価4.5
備考 メリット
  • チリダニ、コナダニ、ツメダニに効果がある
  • 全額返金保証付き

デメリット

  • 市販のに比べて金額が高い
  • 必要に応じて枚数を選べない

 

Get ダニ捕獲シートの特徴

テレビやカタログ通販で累計100万枚を突破しているのがGet ダニ捕獲シート。

上記2種に比べてダニの捕獲数は劣るものの、価格が安価なこともあり人気があるものです。また、使用用途に合わせて10枚入りや5枚入り、ミニサイズなども選べるので便利です。ただし、ツメダニは捕獲することができないので刺されるのを予防する方向け。

価格 3,280円(10枚)
評価 評価4
備考 メリット
  • 金額が安いので手軽に設置できる

デメリット

  • ツメダニは対象外(チリダニ、コナダニのみ)